夜逃げをする前に!借金の時効と夜逃げのメリット・デメリット

夜逃げ

借金には時効があります。夜逃げをするまえに、時効について確認しておきましょう。

もしかすると、もう夜逃げをする必要がないかもしれません。

借金の時効

夜逃げを決意するほどの借金であれば、銀行や消費者金融からの借金だけでなく、友人・知人からもお金を借りているでしょう。

借金の時効が成立するには、法律で定められた期間が過ぎていることが前提です。

知人や友人、家族などから借りた借金の時効は10年。

消費者金融や銀行など法人から借りた借金の時効は5年です。

間違えやすいのですが、この5年~10年というのは、借金をした日ではなく、返済期日の翌日からカウントします。

つまり、借金をしてから最後にお金を払った日から数えます。
借金をしてから一度も返済をしたことがなければ、借入日からの計算です。

借金の時効は「消滅時効」と呼ばれる時効です。

消滅時効とは

借金の消滅時効とは、10年間、お金を貸した側がなにも請求をしないと、お金を貸した権利が消滅してしまう時効のことです。=貸した側の時効。

消滅時効が成立している状態で、借り主が貸主に対して「時効が成立しているよ」と主張すると、時効が成立し、夜逃げの必要がなくなります。

時効は食い止めることができる

しかし、貸主には時効を食い止める手段が与えられています。

時効を食い止めるには、3つの手段があります。

①支払いを請求する

訴訟や支払催促など、「お金を払ってくれ」と請求するだけで、時効は食い止められます。

これを行うと、それまでの期間がすべてなかったことになります。
つまり、時効にするには請求からさらに10年待つ必要があります。

②お金を払ってもらう

お金を借りた側が1円でも借金を返済すると、時効は中断されます。

債権者が「1円でもいいから払ってくれ」とよく言ってくるのは、この為です。

③差し押さえ

裁判所から強制執行の許可がでると、お金を貸した人はお金を借りた人の財産を差し押さえることができ、時効が中断されます。

借金の時効の成立

借金の時効の成立をまとめると、以下になります。

 

最後にお金を払ってから

  • 1円も払っていない
  • 時効を中断されていない
  • 内容証明郵便物を受け取っていない
  • 個人からの借金は5年、法人からの借金は10年経過している
  • 時効の成立を主張する

借金の時効は、自分で主張しないと成立しません。

 

時効が成立しない場合、やはり夜逃げをするべきでしょうか。

ここからは、夜逃げのメリットとデメリットを説明します。

夜逃げのメリット

夜逃は、それまでの借金から逃げることができることがメリットです。

時効成立まで逃げ切れば、時効を主張できます。

夜逃げのデメリット

夜逃げをする場合、債権者からの追跡をのがれるために住民票は残していくことになります。当然、転居先での住民登録ができません。

住民登録ができないと、

  • 選挙権がなくなる
  • 国民健康保険がつかえなくなる
  • 年金の受給もできなくなる
  • 児童手当などの支給もなくなる

など、国が国民を守るための制度がすべて使えなくなります。

当然ですが、借金をしたとき連帯保証人になってくれた人にも多大な迷惑がかかります。

夜逃げの住民票

夜逃げをする場合、住民票の変更をしてはいけません。なぜなら、夜逃げ先の住所は、住民票からバレるからです。

夜逃げ先が決まっても住民票は移動させないこと。市区役所では住民票の移動前、移動後の住所は住民基本台帳で管理されています。当然、金融機関は確認可能です。

住所を変えても、住民票を変更してしまうと意味がなくなります。

アパートやマンションを借りていた場合でも、そのまま住民票を残しておくこともできます。

家族の問題

一人暮らしの場合は夜逃げは簡単です。問題は、家族がいる場合です。

例えば、子供の学校など。住所変更をしないとデメリットが発生する場合も多々あります。

夜逃げで住所変更をしないことのデメリット

郵便物が受け取れない

郵便物は元の住所に届くので、受け取ることができません。郵便局で転送届はできますが、そこから住所が割れることもあり、おすすめできません。

国民健康保険などはすべて郵送で届くため、直接市役所に取りに行く必要があります。

 

夜逃げと預金通帳

また、預金通帳の残高を0にしておきましょう。預金を差し押さえられると、債務の時効をリセットされてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP ↑