夜逃げの前に確認!債務整理の種類と法律事務所の違い

公開日: 

夜逃げと債務整理

債務整理の種類と法律事務所の違い

借金で夜逃げを考えている場合、借金を整理するために話を聞いてもらえるところは、弁護士事務所と認定司法書士事務所です。

事務所の種類がなぜ2つあるのかといえば、弁護士の代わりに法務省の認定を受けた司法書士が手続きできるようにしたからです。

とはいえ、これは、通常の司法書士ではできません。

債務整理に関わる仕事の一部を担当できるのは、「認定司法書士」です。

取り扱う金額に制限がありますが、弁護士と認定司法書士は協力体制ができています。

夜逃げを踏みとどまって債務整理をする場合は、どちらでも木にすること無く相談しましょう。

 

弁護士と認定司法書士は何が違う?

弁護士と認定司法書士は、裁判所の管轄および債務整理での取扱金額が違います。

認定司法書士は借入金が400万円までの和解交渉が可能です。借金が複数あり、400万円以上の債務整理をする場合は、認定司法書士でなく弁護士に相談しましょう。

弁護士は、債務整理に関わるすべてにおいて交渉や手続きが可能です。

認定司法書士の事務所は、弁護士と共同・提携していますので、問題ありません。

相談の途中で別件が増えた場合は、別料金が請求されることがあります。

相談する場合は、借金の金額や、1件ずつの借金額を把握し、メモなどに残しておくと、スムーズに事が運びます。

 

簡易裁判所の特定調停

債務整理には、「自己破産」「民事再生(個人再生)」「特定調停」「任意整理」があります。ほとんどの法律事務所では、まず任意整理をすすめられます。

このうち、「自己破産」「民事再生」「特定調停」は裁判所が管轄で、「特定調停」は簡易裁判所の調停員が、借りた人と貸した人のお間に入り、調停書を作成します。

合意があれば、借りた人と貸した人が書類をかわし、返済を実行していきます。この書類を「調停調書」といいます。

調停調書をかわした後にお金を返せない場合は、差し押さえの対象になります。

 

裁判所での審判をうける債務整理

裁判所で審判をうける債務整理は、「民事再生(個人再生)」と「自己破産」です。

こちらの手続きを行うのは、すべて弁護士です。

「民事再生(個人再生)」「自己破産」は、借金がゼロになる債務整理の方法です。

その分、クリアするための条件があります。

 

自己破産

自己破産をすると、家や土地など、財産はすべてなくなります。

アパートやマンションを借りている場合、家賃さえ払えれば住み続けることができます。しかし、家賃滞納があれば、大家さんにもその通知がいきます。自己破産では家賃滞納までも免除されてしまうため、家賃滞納があれば退去を求められることがほとんどです。

 

財産がなくなるといっても、持ち物がすべて奪われるわけではなく、必要最低限な生活用品や現金などはもつことができます。

自己破産は、確定されるまで約半年はかかります。

 

民事再生

民事再生は「個人再生」とも呼ばれています。

土地や家のローンがある場合、そのローンは残して、他の借金をすべて整理する方法です。

家のローンを払うので、そのまま住むことができます。

自己破産も民事再生も裁判に時間がかかるため、弁護士とよく相談して決めてください。

債務整理は弁護士に相談したとたんに、取り立てがピタッと止まります。

借金の返済に困って夜逃げを考えているなら、まずは弁護士に相談することをおすすめします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑