任意整理・自己破産等のメリット、デメリット

公開日: 

任意整理・自己破産等のメリット、デメリット

夜逃げと任意整理・自己破産

夜逃げをしたいけれど仕事を辞めたくない。その場合の任意整理・自己破産について説明します。

任意整理・自己破産等のメリット、デメリット

夜逃げはしたいけれど仕事があり安定収入もある。

その場合は残念ながら、借金がゼロになる可能性は低いです。

しかし、支払い金額を減らす方法があります。

自己破産をするための条件は、「借金で生活ができず返済も不可能な人」「借金があり病気で働けない人」「多重債務で生活ができない状況にある人」のように、「財産も仕事もなく生活ができない状況が続いている人」です。

 

借金が多くて支払いができない人・できなくなった人

借金が多くて支払ができない人は、「任意整理」がオススメです。

裁判所を通さず、交渉により今後の支払を減額してもらう方法です。

とはいえ、交渉がうまくいかない事もあります。通常は借金の半額程度が減額となりますが、ゼロにはなりません。

しかし、相当楽になるのは明らかです。

 

借金返済の電話・手紙の催促が多い場合も「任意整理」が有効です

元金はもちろん、利息まで払えない状態が続くと、催促の電話がかかってきます。

いつ支払えるかの「日にち約束」をしなければ、電話が止まることはありません。

このような場合でも「任意整理」を行うことで催促はピタリと止まります。

それでもしつこく催促をしてくる業者は違法になります。証拠を書き留めて残しておきましょう。

 

「任意整理」のメリット・デメリット

メリット

  • 借金が減額する
  • 減らしたい借金を選ぶことができる
  • 月々の返済金額が大きく減る
  • 催促の電話や手紙がなくなる
  • およそ3ヶ月で和解の手続きが終了する
  • 費用が安い

デメリット

  • 借り入れができなくなる
  • クレジットカードが作れなくなる
  • 情報機関に記録が5年間残る

 

 

「自己破産」を考える前に

「自己破産」は最後の手段です。まずは他の方法で債務整理ができないかの検討を行うことが大事です。

「自己破産」のメリット・デメリット

メリット

  • 借金がゼロになる

※税金はゼロにはなりません。

デメリット

  • 銀行情報機関に情報が10年間残る
  • 他の情報機関に5~7年情報が残る
  • 破産手続きの間は、旅行に制約がかかる
  • 借り入れが出来ず、クレジットカードも作れない
  • 職種に制約がかかり、就けない仕事がある
  • 自己破産が決定するまで6ヶ月以上かかる
  • 費用が高い
  • 連帯保証人に債務がうつる

 

 

債務整理はこのようにメリット・デメリットがある

「自己破産」を行う場合は、まっさらな状態からやり直す覚悟が必要です。

しかし、借金がゼロになる為、毎月の支払いに追い詰められた状態に比べれば、精神状態も相当楽になります。

夜逃げとは違い、真っ当な手段ですので、生活自体が困るという事はありません。

「任意整理」にはデメリットがほとんどありません。

生活の再計画もできますし、生活も取り戻せます。

手続きも決定も早いので、借金を減額して支払えるのであれば、自己破産よりも任意整理がおすすめです。

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑